自然とゆらぎ


インスタに投稿しているせいか
こちらはすっかり愚痴ブログですがw
まあ、誰も見てないしいいか・・

さて、ルーシーリーのゆらぎについてちょっと書いてみましたが
もうちょっと考えてみたいと思います

現代人にとってあの感じがもてはやされるのは
あれぐらいの自然と日常を表現しているぐらいのゆるさが
ちょうどいい割合、だからかもしれません
いわえる絵柄、茶器などでそのまんまの自然を模しているものが、僕個人にはあまり響かないのは
自然と対峙してる日常でもないし、それを共感できないところかな?と

土や炎を使って人為的に石やガラスを作るのだから自然と一体ではあるのだけど
自然そのものってやっぱり恐怖すら感じる存在だし畏敬も覚えますしね


まったくの想像ですけど、街中に近いような工房・環境で作られている作品は古典であっても好きなモノが多いような気がします
街と自然を心と体が行き来するような感じ

見たままを描くんじゃなくて、想像がある作品や一面を切り取ったモノが好きなのはそういうところかもしれませんねー
Read more

高坏の話


ようやく高さのある高坏も作れるようになってきました
今回はそんな高坏の形のお話

僕の高坏の今の特徴はなんだ?と問われると
スタンド(下の台部分)の大きさを広くできるようになっていると答えるかな~
初期の頃は下が狭い逆三角形のような形になってしまっています
それはそれで、可愛い時もあるんですが
やっぱり使う時、置いているだけでも安定感が違います


別にボウル部分が大きいからと言って不必要にスタンド部分を大きくしてもそれ以上の安定感が必要無い事もありますし
スタンドが大きすぎるのも不格好になります

上の形によって、スタンド部分の大きさや形が決まる
ふわっとした黄金比のようなものを、ようやくわかり始めているところです

なぜ最初からしないんだ?と言われると僕の作り方ではほんとに難しいからです・・w
なんとなくですが、自分のやり方で突き通して
ようやくメリットがでてきたんじゃないかな?と思う一品です

Read more

アクアリウス


Aquarius

夏、だという事だしブラジルでサンバな人達を
といっても、スペインでレコード出しているみたいですがw



いいですねー、疾走感
でもこういうソフトロックな感じも好きです



最後はブラジルのスタンダードといっていいような曲ですが
いやに緊迫感のある仕上がりがたまりませんw

Read more

ブライアン・オーガー


Brian Auger

Brian Auger's Oblivion ExpressとかBrian Auger & Julie Tippettsなど
ブライアン・オーガーと仲間達みたいな名前でお馴染みですがw
昔はロッド・スチュワートとバンドをやっていたりもしていたみたい


まー、僕はもちろんフリーソウルから知ったのですがそこにはアシッドジャズの原点というか
ジャズ・ロックやクロスオーバーではトップレベルで好きなお人です


疾走感大好きw




マーヴィン・ゲイのカバーですかね、ライブ版

Read more

マンフレッド・フェスト


Manfredo Fest

明日から金沢です
台風の影響かなにか蒸し暑そうですが・・・

さて、暑くなるとブラジル音楽が聞きたくなってきますね
60年代のアルバムを聞いてのでずっとそんな感じだと思っていたのですが



もちろんこういうの好きなんですよ?
でも、最近の僕の好みからいうと70年代の謎のブラジリアンフュージョン時代になってしまいます・・w





いいですね~
でも、もう一つ90年代のブラジリアンフュージョンも好きなんですよね
ようするに全方位でいつの時代もオススメできる、いや凄いアーティストですねw


Read more

カマシ・ワシントン


Kamasi Washington

ブレインフィーダーのオススメで最近よく目にするんですが
・・まあ、もろサン・ラーとかファラオ・サンダース的な出で立ちですw
音もレア・グルーヴとかBlack Jazz Records的な感じですね~
こういうのはスピリチュアル・ジャズってジャンルなのかもしれないですが、自分的には呪術ジャズと呼んでいますw


ライブは素敵です


なんか現代の感じがしませんw



個人的には目新しさというよりは懐かしさすら感じてしまうのでw
これからどういう独自な展開に行くのかが、楽しみなアーティストですね~
Read more

プレフューズ73


Prefuse 73

スコット・ヘレンも色々名義があるみたいですが、一応メイン?Piano OverlordやDelarosa & Asora、好きなSavath and Savalasなどありますが
今回はボーカル・チョップという技法を編み出したこのプレフューズ73でいきましょう
懐古厨というわけではないんですが、やっぱり古めの曲が好みですw


この出だしでやられたんですよね~この路線でいってほしかった気もしますがエレクトロニカも好きだからいいかw




この曲も有名ですねThe Booksとのコラボ


ということで、なんと3アルバム仕様の新しいアルバムから




あら、今回はよさそう?
Read more

スクエア


スクエア始めました、いやゲームの方じゃなくてね・・

簡単にいうと、スマホとかタブレットでクレジットカード決済ができるシステム
カード番号とかデータは小さなリーダーで読みこんで暗号化されるらしいので
僕の端末にデータや個人情報は一切残ったりしないみたいです

まあ、便利だけど確かにちょっと怖いですよねw
でも他の作家さんとかかなりの人が導入してるので認知度は結構あるんじゃないでしょうか?
デビットカードとかクレジットをそれ専用に作れば、万が一でも被害はあまり無さそうだし
銀行におろしに行く手間とか、僕も釣り銭が無い時はありがたいかもですねw(クレジット決済手数料は僕もちなんで、うーんですけど)

これ電子レシートとか、レジ機能もついてて結構便利そうです。商品登録が大変ですが・・
なんか決済手数料無料プロモーションもやってるみたいです
いわえる、紹介したら両者の決済手数料が半年無料になるみたい
これ・・一回だけかな?何回もできたらお得すぎますね・・
どなたか顔見知りとかSNSで知ってるという方いたらご連絡ださい~
以上宣伝でしたw
Read more

ブロッサム・ディアリー


Blossom Dearie

ウィスパーボイスというかロリータボイスといえば?で思いつく
そういうのが好きな人は最終的に皆、ここにたどり着く思うんですよねw
まあ有名なのとか並べていきましょうか




サイケというかちょっとエレクトロニカ感


・・と、まあもっといい曲は数多くあるんですが
何が言いたいって、今日はこの曲が聞きたいんですよねw
雨が降ると聞きたくなります・・

Read more

裏採用


裏から手を回して・・ククク
もちろん、そんな訳ないですよw

もう散々インスタとかでお知らせしてますが
8chカンテレ15:50からの「ゆうがたLIVEワンダー」のセットに使って頂いているみたいです
写真のやつみたいなプレートの裏の方が写っていたり
二寸の豆皿を三つ、額に入れて頂いていると思われます(チラッとですけど)

まあ正直テレビとか雑誌とかで見てもらえるのって嬉しいですよね
僕より上の世代の人はやっぱりネットだけでは信用してもらえないっていうか・・
「あの男、一人でずっと工場に引きこもって何をしているんだろう・・?」

大丈夫です!こういうモノしか作ってませんから

Read more

インスタグラム


タンブラーをやめたかわりに、インスタグラムを始めました
古いタブレットでは使えなかったので、新しいタブレットにしたついでです

スマホじゃなくてタブレット使ってるあたり、わかってもらえると思いますが、あんまりSNSとかしません
なので正直SNSとかの義務的なコミュニケーション(なんでもイイね!的な)はほとんどしないと思うのでその辺は許してやってください・・w
(LINEとかもしないんですよねー、スカイプでいいだろうとか思うし・・)

まあ、オシャレ写真でセレブ感を出す事もできないし、そんな日常送ってないし。。
なので、作品写真メインかなあ~世界中の色々な人に見て頂きたいっていうのもあるので宣伝っぽくなるかもですがご勘弁を

なんだか、文章メインのブログとかツイッターが安心しますねw
なんかこのアナログ感・・??
そう思うとますますフェイスブックの使い方がわからない今日この頃です。。

http://instagram.com/rpm_ceramics/
Read more

手づくりの意義2


そんなタイトルをつけながら、現在手づくりするその手をちょっと痛めておりますがw

前回の
「手づくりの意義」と「いい人」では自分なりに、本能的な部分での手づくりの意義を考えてみましたが
今回は、もっと当たり前の事で探っていきたいと思います。で、テーマは・・


「より、ひとりひとりにフィットするものを作れるから」


なんだか当然すぎるんですが、僕にとっては灯台下暗し状態です
僕も当初は使いやすかったり、当たり前の形ばかりを目指して作っていました。もちろん世間的には使いやすいものを使う人が多いですから。。
儲けたいというより稼がないと活動は継続できませんし、仮にも事業なのですから継続することを大前提にした考えでした

でも、お客さんの中にはその作家にしか生み出せないモノを求めてくる方もおられます
その差を埋めようと新しい形にチャレンジすると・・今度は使いやすいモノを求める人との差が開きます・・
クラフト展などで、歯がゆいのは色々なモノや形をスペースの関係から置けない事(展示方法をもうちょっと考えろと言われそうですが・・)
このバランスをどうしていくかが問題なのですが、まあ最近は吹っ切れてきましたけどねw

僕は職人肌ではないので同じものを寸分違わず大量に作る方向性ではありません
あまり、味とか手づくりだからという言葉は使いたくないんですが
やっぱりジグソーパズルのようにその人にしか合わないピースなんですよね、手づくりのモノって
面白いモノを作って、お客さんにハマる瞬間が凄く楽しくなってきています

最近は、インターネットでの展示や販売で数百の作品を一度に見て頂く事も可能になっています
もし、気になったのがあって実物が見たいからこのクラフト展で持ってきて!という要望もお応えしますので、ご連絡くださいね(全体的に一点もの状態なので在庫切れはご勘弁ください)

なんだか最後は宣伝みたいになってしまいましたがw
オーダーじゃないんだけど、自分にピッタリはまる
そんな事を言われるように色々生み出したいな、と思っております
Read more

絶対音感


あったらいいよな絶対音感

と、思うんですがあったらあったで邪魔かな?
なんでそんな事を言い出すのかと・・

僕の場合、ロクロ成形の段階で決めてしまわずに
削りでなんとかする、という傾向にありまして
これは良くないとは思いつつ、クセが抜けません・・
まあ、別に悪いこともあまりないのでって事でしょうが
削りLoveになってしまっている原因の1つでしょうw

削りの時は前回お話した「妄想力」で形を頭に入れてから
指や、カンナの具合で感じとりますが、モノによっては音で判断することもあります
まあ、単純に音の高低で土の厚みがわかる場合もあるんですが
形状や土、場所、反響によっては厄介なのがたまにあって高低で騙される時がありますねー
感覚的には、ドだったらオクターブが違うドみたいな感じで判断する時もあります

まあ、でもそんな大した耳してないので削り過ぎた!ってこともシバシバ・・
やっぱりこの辺は経験でしょうが、そもそもきっちり成形しろって話ですけどねw
あと、道具の手入れを忘れてしまうことも自戒です。。
Read more

チャソール




Chassol

フランスのコンポーザー
ジャイルス・ピーターソン師匠がプッシュしているので知ったのですが
映像とリンクさせてライブしたりと、面白い事やってはります
ちょっと、ライヒつながりw


インドシリーズ





こちらもワールドな感じ


Worldwide Festival 2014のライブ動画
映像とリンクしてるのもいいし、最後の盛り上がりもかっこいいですね!

Read more

ホームページ



ホームページを作りました
いい加減撮り直したいプレートの写真を背景に
とりあえず、数時間でぱぱっとやってしまいました、、相変わらずシンプルでオシャレなサイトにならないのは何故でしょうか・・w

ドメインとれよー、無料サイトの広告入るから見栄えが・・などなど
まあ、わかっちゃいるんですが必要になったらまた考えます!
でも、ブログみたいにあっというまに作れるし
ギャラリーとか使いやすいから、タンブラー辞めちゃおうかな・・
・・やめます!

まあ、雑に作ったけど文字は大きいのでw スタート地点にどうぞ~

http://rpm-bpm.wix.com/rpm-bpm
Read more

人気の投稿

 

rpm Design by Insight © 2009